立ち戻れる地図を手に入れよう

デザイナーが作ったものをお渡しした時は
すべて完璧でも,
デザイナーの手を離れ,
お客さまだけでの運用フェーズにはいると
だんだんとアイテムの質や
ブランドイメージが崩れていく...

これは各所で多発する
ブランディングの「あるある」
だったりします.

企業など多くの人が関わると
ブランドの扱い方が
人によって変わってしまい
勝手にアレンジされたり
してしまうこともあります

ブランドは「一貫性」が
とても,とても大切

見るタイミングや場所が違っても
伝わるイメージがいつでも同じ
ということがすごく大事なんです.

そのため,企業などでは
とても分厚いブランドのマニュアルが
存在したり,
ブランドを管理する部署が
あることも多いです.

個人の活動なら
そういった「人によって変わってしまう」
ということはありません.

でも,個人でも
やっぱり「一貫性」が
維持できなくなることが
けっこうあります.

その原因は
「時間」「状況」「気分」
の変化

 

人は,時間が経つと
忘れるものです.

決めたことも忘れてしまうし
少し間があくと,忘れてしまう.
これはね,もうしかたないですね…

「状況の変化」もよく起こります.
売上が伸びなくなって
焦ってきた,とか

急に商品を増やさなくては
いけなくなって
手間が惜しくなってきた,
とか…

「気分の変化」に至っては
個人にはすごくよくあること.

ハンドメイドの商品を
作っている人が,
旅行から帰ってくると
作風がすごーく変わってしまったり,

ある人の話を聞いたら
感銘を受けてしまって
突然違うアプローチを
取りたくなってしまったり,

これは意味があるなら
ぜんぜん問題じゃありません.
お客さまがその変化が
「ブランドの進化だ」と納得できて
ちゃんとついてこれるなら
いいんです.

でもそれが伴わないと
お客さまは置いてきぼりにされて
去っていってしまうかもしれません.

そういったことを避けるため,
megropressでは
おひとりごとのブランドに合わせて

BRAND STYLE GUIDE」を
制作し,
お渡ししています.

これは,
先ほどの企業でいう
ブランドの・マニュアルにあたります.

私は前職のデザイン会社で
企業に対してブランディングの提案を
する立場だったのですが,
たくさんの人がさまざまな状況で
自社のブランドを扱うときに
このマニュアルが,
ブランドの「イメージ維持の肝」
であることを実感してきました.

きっと個人でも同じことが言えます.

たとえ扱うのは自分だけでも,
時間がたったり,
状況が変わったり,
気分が変わってしまったりすると,

判断ができなくなる場合も多いのです.

なので,
この考え方をぜひ個人の方にも!と
思っています.

ロゴを使うときのポイントのこと,
カラーリングのこと,
ブランドのスタイルにふさわしい
書体のこと,などなど

ブランド・スタイリングをおこなった
最終形のすべてのエッセンスを
コンパクトまとめたものです.

これがあれば,自分のブランドの
ルールがわかるので,
何か新しく制作物を作らなくなった時や,
自分以外の人にル伝えなくては
ならなくなった時などに
ルールブックとして威力を発揮します.

でも,なによりも

そうだった,
私はこのルートで,
この方法で,
この目的地を目指していたのだ!

という、
自分の出発点を、目的地を、
改めて確認することができるというのが
一番のポイントかなと思います.

わからなくなったときや,
新たにアイテムをつくるときに,
「立ちもどれる地図」になってくれる
ということです.

これは,ブランドイメージを
一定に保つのに
とても役に立ちます.

 

このスタイル・ガイドは
Brand Stylingのなかで
お作りしていきます.

ブランドの軸を整えたい、
立ちもどれる地図を手に入れたいな、
という方は,こちらに詳しくご紹介していますので
ご覧になってみてください.