「ブランドカラー」よりも大事なこと

 

ブランディングを行う際,
ブランドのカラーをひとつ決めることは
とても大事なことです.

色はそのブランドの印象を
大きく左右するからです.

カラーは,そのブランドが
「どんな性格か?」
を表現する重要なパート.

同じロゴのデザインでも,
色が何色かで
受ける印象は大きく異なります.

でも,
ブランドカラーをひとつ決める,
ということよりも
もっと重要なことがあります.

それは,
「色の組み合わせ」

 

例えば,
あるグリーンをブランドカラーとして
決めたとします.

グリーンにもたくさん色味がありますので
そこは吟味して決めたとして,

そのグリーンが「何っぽいか」を決めるのは,
その隣にあるもう一つの色が
大きな鍵を握っているんです.

たとえば,こんな感じ.

左側はどれも同じカラーですが,
合わせる色によってイメージが
変わってきますよね.

濃淡で合わせると,
緑っぽさをさらに強く印象づけます.
まじめで落ち着いて,優しさと分別のある印象となるので
弁護士事務所やカウンセラーなどにも合いそうです.

茶を合わせると,
緑と土の印象でアーシーな印象になるので
お花や園芸周りのことやDIY関連などにも
イメージが合います.

桜色と合わせると,
緑も軽く感じ春っぽいイメージに.
お菓子や,アクセサリーなど女性らしいものにも合いますね.

 

こんな風に,
隣の色があるだけで
どれも「◯◯っぽい」が
際立って見えてきますよね.

これをなんとなく,
私が好きな色は青だから,と
安易に組み合わせてしまうと,
本来,表現しなくてはいけない
「◯◯っぽさ」が表現できなくなってしまいます

では,どうやって決めたらよいの??

自分のブランドらしい色の組み合わせを
見つけるヒントをご紹介します♪

自分のブランドらしい
色の組み合わせを見つけるヒント 3

1.黄金レシピを参考にする

2.届けたい世界観をイメージする

3.他のブランドを観察する

1.黄金レシピを参考にする

「色彩学」という学問があります.
その考え方に則った配色の基本ルールがあるんです.
この配色加減をもとに自分らしい組み合わせを
見つけていくことができます.
「配色ルール」などのキーワードで
検索してみてください.

2.届けたい世界観をイメージする

自分がブランドとして提供したい世界観は
いったいどんな風景だろう?
じっくりイメージして見てください.
そこに見える風景はどんな色合いかを
探ることによって見つけることができます.

例えば,イメージする風景は,南国の海…
それなら,水色にベージュ,
でももっと具体的にイメージしていきます.
その水色は鮮やか?落ち着いた色?
イメージするディテールによって変わってきます.

3.他のブランドを観察する

あなたの好きなブランドを
色の観点から観察してみましょう.
そのブランドが意識的に使っている色は
どんな色合いでしょう?
そこからブレイクダウンしていくことも
できます.

 



なかなか深い「色の組み合わせ」.

でも,これによって
そのブランドが
「何っぽいブランドなのか」を

瞬時に人に伝えることができている
んですね.

他にはないあなたのブランドらしい
ユニークな色合い,
そして,印象に残る色合いを
見つけていきましょう♪

あ,その前にひとつ大事なこと.

この色の組み合わせを選ぶには
「基準」が必要になってきます.

それは,つまり,
じっくりと導いた
「あなたらしさ」や「強みや魅力」.

その色である理由がはっきりしていれば
そのブランドに触れるお客さんも
ごく自然に,
そのブランドの世界観を受け入れ,
心地よいと思ってくれるんです.

そのブランドのファンになる
大きなきっかけでも
ありますよね.

まずは「あなたらしさ」と
「強みと魅力」を探るところから
はじめてみましょう!

あなたらしさを引き出す
お手伝い,しています.

自分らしさや強み,魅力を引き出しながら
自分のブランドの世界観を表現できる
色の組み合わせを導き出していきますよ.
詳細はこちらから.

Newsletterの配信もしています♪
ご登録はこちらから

Author: yoko