vol.1 | Tanya Roberts

1. あなたのお仕事を教えてください

ミニマリストスタイルのレタープレス(活版印刷)のカードと限定のアート作品を制作しています.
シンプルで,タイポグラフィをメインにした1色,または2色のデザインが多いです.いつも使用している紙は,コットン100%のラグペーパーで,主に,白やクリーム色を好んで使います.

My line of letterpress stationery and limited edition art pieces are minimalist in style. I lean toward designs that are in one or two colours, are simple in the treatment of typography, and beautiful line art. My house cardstock is 100% cotton rag paper and I mainly like to work with white or cream paper.

2. 現在のブランドを始めた背景を教えてください

カナダのトロントの大学で美術史を学び,そのあと,広告学の修士を取るためにさらにカレッジに通いました.クリエイティブな分野にいたいとずっと思っていたのですが,大学の勉強がほぼ終わる20代後半になるまで,レタープレスには出会えていませんでした.
その後,レタープレス・アーティストとして情熱を傾けようと思うまでは,人事関連の技術職として企業で仕事をしていました.
働いていたその会社が規模を縮小することになり,私のポジションもなくなるということで,
それがちょうど,2年ほど学んでいたレタープレスについて,ワークショップという形で多くと人と分かち合いたいと決心した時でもありました.
これはほんとうに大好きなことをただやるということから,仕事にするというのが見えたパーフェクトな機会でした.

I attended university to study Art History in Toronto, Ontario Canada. Following that, I went to college for an Advertising diploma. I always knew that I wanted to be in a creative field but didn’t discover letterpress printing until I was in my late 20’s which was well after my post-education studies were completed. I held corporate jobs in the technology field relating to human resources before I pursued my true passion as a letterpress artist. The company that I was working for downsized and dissolved my position leaving me to be financially secure for a year. It was at that time that I decided to take what I learned in two years about printing and share it with other people by offering workshops. This was the perfect opportunity to see if I could make a business from doing something I loved to do.

3. よくある1日の様子はどんな感じですか?

子供たちがいるので,いわゆる自宅でビジネスをする人としての「典型的な1日」というのはありません.
学校のスケジュールはだいたい予測がつくけれど,いつ子供たちが風邪をひくとか夜寝てくれないとか,っていうことはわからないから.
6歳と1歳のこどもがいるのですが,家にいるときは彼らにずっとかかりきりで,済ませたい仕事は,食事とか,送り迎えとか,お昼寝の時間,遊ぶ時間といったスケジュールに合わせるという感じ.仕事のために時間を確保するのはなかなか難しいです.
だいたい,メールの返信や問い合わせへの対応,デザインを考えたりする作業は子供たちが寝た夜にやっています.理想的ではまったくないけど,それが実際のところです!

With kids, there is no typical day for a parent that runs a business from home. While the school schedule is predictable, we don’t always know when our children are going to be sick or if they have a difficult night of sleep and so on. I have two children, ages 6 and 1. My time at home is dedicated to them and the work that I get done happens around their schedule. Between meals, school pick up and drop off, naps and play time – it’s difficult to set aside any moment in the day to attend to business. Most times, I respond to emails and inquiries and work on designs in the evening when the children are asleep. It’s not ideal, but that’s how I make it happen!

4. ご主人はあなたの働き方に何か行っていますか?
ご主人からのサポートはありますか?

私は,理想的な立場にいると思ってます.自宅で子供たちと過ごしながら,同時に夫の援助も得ながら自分の仕事もできるという.
夫はしっかりとしたキャリアがあるので,金銭的に安定していられるし,誰かにヘルプを頼まなくても子育てができています.
夫は,私がレタープレスを自分の仕事にしていきたいと決めた最初の日から,全面的に協力してくれています.

I am in the fortune position of being able to stay at home with the children and run my business at the same time with my husband’s support. He has a robust career that allows for us to be financially stable and for me to take care of the children without the help of a hired hand. My husband has been fully supportive since the first day I decided to pursue letterpress printing in the business sense.

5. How did you handle finances? and What is your mindset for making money on what you love to do?
売上や収益など金銭面をどのようにやりくりしていますか?
「好きなことで稼ぐ」ということに対してどういう思いをもっていますか?

レタープレスは自分自身が情熱を傾けられるものだと思っていて,生活費を稼ぐためのものだと思ったことは一度もないし,売上をあげようとガツガツすることもないんです.レタープレスを始めたとき,自然な形でビジネスが拡大して行きました.友人や家族が私の作品にとても興味を持ってくれて,ステーショナリーの制作を依頼してくれたんです.その点から言えば,友人や家族がお客様を紹介してくれるかたちでやってきています.私はそういう広がりのほうがいいなと思っているんです.展示会などに出展したり,SNSに広告枠を買ったりするよりも,もっと個人的な繋がりができると思うから.
ビジネスを獲得するために大きな網を投げるより,同じような気持ちを持つ人々やアーティストと仕事をすることだったり,私のテイストが合うから,とか,個人的に私のことを知っているからという理由で頼んでくれる,小さくってローカルなビジネスのほうが好きなんです.

Letterpress printing is something that I’m passionate about so I never see it as work. I’ve never been aggressive about finding or landing sales. It’s just not in my nature to seek out business like that. When I started printing, the business grew from it organically. Friends and family were curious about the artwork I was making and commissioned me to make stationery for them. From that point, I was being referred to customers by friends and family. I prefer to network this way because it’s a little more personal than attending trade shows and buying ad space on social media. Instead of casting a wide net to catch business, I prefer working with like-minded individuals and artists or small local businesses that hire me based on my design aesthetic that align with theirs or who know me personally.

6. What was the most difficult part of starting your business?

自分の仕事を立ち上げるに当たって,一番大変だったことは何ですか?
自分でクリエイティブに仕事を始めたいという人へのアドバイスがあれば.

仕事を始める時期で一番大変だったのは,「オフィシャルなものにする」ということだと思います.先に言ったように,私の仕事は自然に広がって言ったということもあって,いわゆる普通のビジネスの立ち上げのステップを踏まなかったんです.ビジネスの屋号の商標のこととか,その登録の仕方だとか,税金のこととか….いろいろ調べました.商品の値段も自分の時給も決めないといけなかったし,経費も管理して,自分が自分のブランドの経理担当にならないといけない…私はこういう分野が得意じゃないんです.私はデザインをしたい,何か手で物を作りたい!って思っていました.

I think the most difficult part of starting my business was making it official. As mentioned earlier, my business grew organically so I didn’t take the usual steps that one would make to create a proper business. I had to research things like how to copyright a name for the business and how to register it and what kind of taxes to file. I had to work out pricing, hourly rates, keep track of costs and be my own accountant. I just didn’t have the head for that aspect of the business. I just wanted to design, create and work with my hands!

クリエイティブな仕事を自分でしたいという人への一番のアドバイスをいうならば,自分の作るもの,やることに対して情熱を持て,ということかな.
それなしには,ビジネスは,ただのビジネスになってしまう.
情熱なしには,ビジネスのモチベーションはとにかくお金を稼ぐこと,とにかく作ることに向いてしまう.
それって,ビジネスの成功の半分でしかないし,幸せになるということからすれば,ほんのちょっとの部分でしかないと思うんです.

My best advice for someone interested in becoming a creative entrepreneur is to be passionate about what you make or what you do. Without that, the business will be just that – a business. Without passion, the business motivation will singularly be to make money and to make as much as you can. I think that’s only half the success of a business and a small portion of what would make one happy.

7. What attracted you most of the letterpress printing?

レタープレスのどこに一番惹かれますか?

まず,印刷された様子に魅了されました.凹みがあって手で触れてわかるその質感は,他の印刷では表現できないことです.でも,レタープレスをやればやるほど,その印刷手法に没頭していき,それが本当に好きだなぁと思うようになったんです.私が今使っている古いヴィンテージの印刷機や,それぞれに歴史があるその他の道具たちも.とても好きです.
レタープレスの印刷のためにデザインすることをとても楽しんでいます.デジタル印刷されるものをデザインするのと同じじゃないんです.
そして,美しい上質な紙に,すごくいい印刷がされているのが,本当に好きです.そして,レタープレスが,買う価値,持っている価値のある特別なものとして知られていくことがとてもうれしいです.

Initially, I was attracted to the end result of letterpress printing. The tactile quality is something that you cannot achieve with any other printing method. But the more I printed and immersed myself in the method of letterpress printing, I became deeply in love with it. I like that the press I use is old and vintage and that my other equipment also has a history to themselves. I enjoy designing specifically for letterpress products because it is not the same as designing for something that will be digitally printed. I love that the best results are on beautiful quality cardstock and that letterpress work has become known as something special and worth investing in and holding onto.

8. Where do you find inspiration?

インスピレーションはどこで受けていますか?

東洋,西洋の美術からインスパイヤされています.
私は,シンプルであまり装飾がないデザインが好きなんですが,けっこう日本や北欧のデザインから影響を受けているなと思います.

I find inspiration in both eastern and western works of art. My designs tend to favour the simple and sparse aesthethic. I find that I am often  influenced by Japanese and Scandanavian design.

9. How important “branding” for you? and What is your biggest tip for people who are totally new to branding?

「ブランディング」ということについて,あなたにとってどのくらい重要ですか?

ブランディングはビジネスで成功するのにとても重要だと確信しています.もしクリエイションがうまく言っていなかったり,どこから始めていいかわからないんだとしたら,私はそれを明確に定義するところをプロに頼んでやることをものすごくお勧めします.ブランディングは,同じような仕事をしている人々から自分を際立たせるのを助けてくれるだけでなく,お客様に,ここで間違いないと確信を持たせてあげることを助けてもくれると思います.ブランディングが,お客様があなたの商品やサービスを買ったり,依頼するかかどうかを決めさせると思います.

I believe that branding is very important to the success of a business. If it isn’t something you are comfortable creating or don’t know where to start, I would highly recommend hiring a professional to help you define it. I think branding is something that customers unwittingly look for in a business. Not only does branding help you stand out from other businesses like yours but it also helps customers and clients identify themselves with it. It makes them decide if they want to hire you or buy your products.

10. Give some message or advise for Japanese moms who want to start their own creative business!

自分らしい仕事をしたいと思っている日本のママたちに何かアドバイスがあれば!

とにかく,やってみるということではないかしら.今あるものでスタートして,そこから築いていけばいい.もし,ビジネスプランがあったほうがいいと思うのなら,プランを立ててみたらいいし,まず商品を作ることの方がいいなとおもうなら,そうしたらいい.結果は自然についてくる.大事なことは,自分ならではのメッセージと,自分ならではの見た目,自分ならではのブランドがあるということ.自分自身であろうとすることとは別にやってみて!

My best advice would be to simply start! Start with what you have and build from there. If you’re comfortable starting with a business plan, then do it. If you’re comfortable with making the product first, then do that. The rest will come naturally. Make sure you have your own voice, your own look, your own brand. Set yourself apart by being yourself.

11. What is your favorite design neighbors which you recommend to the creative moms/girls who visited from Japan?

13. Please take a picture of your most favorite pen or pencil which you always use to write messages. and tell me Why do you love this pen or pencil?

I like the Zebra F-701 pen for a few reasons. Mainly, I love how easily the blackink glides on paper. It is a quiet retractable fine point pen that is equally stylish as it is functional. It’s made of stainless steel and has a nice weight that makes it feel special to use while being comfortable to hold.