「好きを仕事に」という大きな波

「好きを仕事に」というメッセージは、
今の地球を覆っている,ものすごく大きな波なのだ!
という件についてです.

私たちのような大人だけじゃなくって
子どもたちにも
「好きを仕事に」の波は
きているということ.

 

先日、ある講演会に行きました.
そこでの登壇者の1人に、
宝槻 泰伸(ほうづきやすのぶ)さんという方がいました.
探求学舎」という塾をされている方です.

少し前に「情熱大陸」で特集されていたので
きっとご存知かもしれないです.

短い時間だったのですが、
直接話を聞けることとなりました.

彼がやっている塾は,
いわゆる今までの塾とは全然違っていて,

小学生に対して
「自ら学ぶ楽しさを身に付ける」ことを
目指して指導をしていて、

「成績を伸ばす」とか、
「進学率をあげる」とか、
そういう指標とは無縁のところにあるそう.

 

彼がこれまでたくさんの親御さんにしてきた、
「親として,子どもに思う希望は?」
という質問があるそうです.

その答えを分類すると、
主に2つになる.

「社会の中で自立してほしい」

「好きなことを見つけて欲しい」

この2つ.

たしかに.
親である私の答えもここに当てはまるワ…

「社会の中で自立してほしい」というのは
たぶん江戸時代の親でもそう思うよね、というような
昔からあるもので、普遍的な願い.

一方の「好きなことを見つけて欲しい」というのは
特徴的な、現代の親の願いなんだそうです。
確かに,江戸時代なら、
農民の子は大名とかにはなれないですもんね

で,今の親の子どもへの希望を
ひとことでまとめると

「好きなことで自立して欲しい」

となるそうなのです.

 

でも、その「好きなこと」を見つけるのが
やっぱり難しい.
今の教育の状況だと、
受け身な姿勢が多いため
「自分で好きなことを見つける」というのが
できにくい.

そこで、宝槻さんは、

「好きなことを見つけるきっかけは
子どもたちの “わー!すごい!”
という言葉を引き出すこと」

だと考えて、
子どもたちが驚きと感動を引き出す
様々な取り組みで指導をしているんですって.
(→「探求学舎」のWebサイト

 

そんな面白いお話しのなか、
私がすごく興味深く感じたのは、

子どもたちが好きなことで輝く大人になって
そういう人で溢れる世の中にするには、
教育の現場が変わっていくことが必要.

でも、

それ以上に必要なのが、

「私たち大人が、
好きなことを見つけて
好きなことで自立する姿を
子どもたちに見せること」

だというお話し.

 

大人が、好きなことで自立しているという
姿を見せることで、はじめて、

大人になると楽しいかもしれない、って
子どもは思える.

大人になることへの希望を
子どもは感じられることになる.

 

子どもたちの未来のためにも、
私たち大人が、
しっかりと「好きを仕事に」が成り立つ世界を
作ってあげないといけない

なんというか、
そういった「責任」みたいなものを感じました。

 

「好きを仕事に」というメッセージは、
今の地球を覆っている、ものすごく大きな波です.

迷える大人だけではなく、
子どもたちの前にも
その問いが立ちはだかっているのだと
知りました.

「あなたの好きなことはなんですか?」

このシンプルだけど
深すぎる問いに応えるには
自分と向き合う時間がものをいいます.

自分と向き合う時間を
長く置いてきてしまった大人のために
ともにその答えを探すことを
私は、これからもやっていきたいと思っています.

 

それでも目の前のTO DOリストが襲ってくるなら、
まずそのリストの中に
「自分と向き合う時間をつくる」
TO DOとして入れてしまいましょう~♪

Author: yoko