name cards | ohama

ohama

活版印刷/レタープレスの名刺を制作しました。
オーダーしてくださったのは、ハンドクラフトのバッグブランド「Ohama」のオーナーであり、作り手、そして「手縫いのバッグ教室」の先生でもある、大濱さん。
Ohamaのアトリエに伺い、お話をお聞きしながら、作りたい名刺のイメージを一緒にかたちづくっていきました。

100%手作業のバッグづくり、革という素材の強さや優しさ、そして、ナチュラルで、穏やかな印象ながら、しっかりとした芯のある素敵な女性である大濱さんのお人柄が表れたような名刺となりました。

ohama_detail

紙は、混ぜ物が入り表情のある「ハーフエア」の「コルク」というカラーに、
インキは、こっくりとしたダークブラウンをチョイス。
扱っている「革」イメージにもなじむことや、
「真っ白が多い名刺のなかで、少し色が付いていることでより印象的になれば」というご希望もあり、こちらを選びました。

Ohamaのブログに、今回の名刺制作について、こちらの記事を書いてくださっています。

今回希望の紙質や押し加減、レイアウトについても細やかにヒアリングして下さり、澄んだお人柄と真摯なお仕事ぶりに背筋が伸びました。
そして出来上がった名刺の一枚一枚手刷りならではの
温もりある版の押し加減も希望していた通りで
包みを開けた瞬間に「わぁ!」と喜びを声に出した程です。
ohama 大濱さま

といううれしいコメントも頂きました。

工房で作品を拝見させていただいたのですが、
もともと革のスーツケースなどを製作されていた経験のある大濱さん。
どんな長旅でもしっかりと強く持ち物たちを守ってくれる、
ステッチの効いた、がっちりとした頼りがいのあるバッグを
お作りになっていました。

ほんとうに、これを手縫いしているのかと驚くほど
しっかりとしたステッチワークでした。
その流れもあり、Ohamaのバッグは、頼りがいがあって、
ゆっくりとその人に馴染んでゆく、一生付き合えるバッグたち、といった
印象があります。

でも、最近は、女性が毎日にさりげなく持てるバッグ、といった
やわらかい革の小さめな作品も多く出されています。

image from ohamabag.com

芯がしっかりあって妥協しない、
でも自然体で、人を包み込んでしまうようなやさしさがあるー、Ohamaのバッグたちは、そんな大濱さんのお人柄、そのままです。
やっぱり、作品には作り手の人柄がよく滲みでるのだなぁと思います。

Ohamaのバッグに出会うには、直接工房へアポイントをとるほか、さまざまなイベントに出展されているので、ぜひそちらへ。
直接大濱さんとお話しをしながら、セミオーダーも可能。
大人気の手縫いバッグ教室は、人数がいっぱいのこともあるので、事前に詳細をご確認ください。

大濱さんは、ご本も出されています。
ほのぼの革小物教室―はじめたその日にできあがり』(大濱 由惠  著/雷鳥社)

手のひらに収まりのよい、かわいいサイズの縦長の本です。
革小物の作り方が、写真とともに丁寧に説明されているうえ、型紙もついていて、初心者にもわかりやすい本だと思います。
革小物を手縫いでチャレンジされてみたい方にはぴったり。
ぜひチェックしてみてくださいね。


plscontactus

このようなフルオーダーのアイテム制作をご希望の方は、以下の項目をお書き添えのうえ、Contactフォームよりお問い合わせください。

1. 制作したいアイテム
2. そのアイテムを使用したい時期
3. お住まいの地域(お伺いできるかの可否の確認のため)

megropressは、オーダーいただく方に実際にお会いすることを大切に考えています。状況を知り、よりふさわしい進め方をご提案できるように、そして、お互いのことをきちんと知り合うことで、コミュニケーションしやすい環境をつくれるように心がけております。
※遠方の場合は、Skypeやお電話にてヒアリングをさせていただくことがございます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA